ロキソニンの副作用を
改善したお薬です。
副作用が少ないセレコックス

セレコックスはセレコキシブと呼ばれる物質を主成分とした薬です。
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる、解熱鎮痛剤の一種となります。
通常胃壁を荒らしてしまうことの多い分類の薬ですが、ロキソニンなど他の同薬剤と比べ、比較的胃壁へのダメージを与えにくいという特徴があります。
痛み止めや炎症を抑える効果は高く保ったままに、副作用を減らして開発された薬です。
効果の持続時間も従来の消炎鎮痛剤の中では長いため、忙しい生活の中でも使いやすい薬でしょう。

セレコックスの特徴とは?

肩が炎症をおこし痛がっている女性

体が炎症を起こす時には、プロスタグランジンという物質が関わってきます。
これは炎症性サイトカインと呼ばれ、その名の通り組織に炎症を起こし、発熱させたり痛みを生じさせたりします。

非ステロイド性抗炎症薬は、プロスタグランジンを作り出す際に活性化するシクロオキシゲナーゼという酵素の働きを阻害します。
プロスタグランジンの発生が減るので、痛み止めや熱さましの効果が得られるのです。

しかしシクロオキシゲナーゼには種類があり、一部は胃粘膜保護に働く経路に関わっています。
ロキソニンなどの今まで使われてきた消炎鎮痛剤は、痛みに関連しないシクロオキシゲナーゼも一緒に阻害してしまいました。
そのため胃を荒らしてしまうという副作用が付いて回り、服用方法に胃薬を併用することで対応していました。

セレコックスは成分名をセレコキシブと言い、炎症に関わるシクロオキシゲナーゼのみに作用するよう調節された薬剤です。
それにより胃壁を荒らすという最大の副作用を減らすことが可能となりました。
全く胃壁を荒らさないとまではいきませんが、服用方法を誤ると胃に穴が開いたりする危険性のあった今までと比べて、格段に安全性が高くなっています。
よって関節リウマチなどの長期内服が必要となる疾患で選択されることが多いです。

解熱鎮痛剤の分類に入りますが、痛み止めとしての作用に特化しており、炎症を抑える効果はロキソニンより少し弱いです。
なので腰痛や関節痛などの、炎症は無いけれど痛みが強いといった疾患によく処方されます。

また作用時間も比較的長いため、ロキソニンが一日三回内服が必要なのに対して、一日二回の服用で使用できます。

しかし欠点もあり、長期に漫然と内服することは推奨されない場合があります。
心筋梗塞や脳梗塞を増加させるという危険性が報告されたことが理由です。
まだはっきりと結論が出されたわけではありませんが、これはセレコックスが阻害するシクロオキシゲナーゼの効果の一つに、血管を拡張させる作用があったためと言われています。

副作用はロキソニンなどの従来薬と共通です。
喘息のある人は、喘息発作を起こしてしまうかもしれないので使えません。
腎臓の機能を落としてしまう可能性もあるため、内服する際は一定期間毎の検査が望ましいでしょう。

セレコックスの効果について

沢山の白い錠剤

セレコックスはシクロオキシゲナーゼ選択的阻害効果により、強い鎮痛作用を有します。
よって関節リウマチなどをはじめとして、椎間板ヘルニアや関節炎などの疼痛に対しての症状緩和作用があります。
また術後の創部痛に他の鎮痛薬と並んでよく使用される薬剤です。

胃壁保護作用に関わるシクロオキシゲナーゼという酵素を、ロキソニンやボルタレンと言った従来の消炎鎮痛剤よりも邪魔しないという特徴があるので、長期使用しても弊害を起こしにくいです。
服用には心臓や脳の血管に異常が無いことや、腎臓の機能が悪くないことなどが条件となります。

しかしながら、一度悪くなってしまうとなかなか改善が乏しい病態ではとてもありがたい薬です。

筋肉や骨の変形や炎症に付随する痛み、例えば腰痛や肩こりなどにも効果的です。
セレコックスのそれらの病態に対する痛みの改善率は65%~70%という結果が報告されています。

また通常の鎮痛薬として、片頭痛や歯の痛みにも利用できます。
抜歯後の痛みに対してセレコックスを400mgを1回使用したところ、81.0%で症状の軽快があったと言われています。
脳梗塞や心筋梗塞のリスクを上げる可能性から長期投与に踏み切ることは難しい場合もあるかもしれませんが、こうした強い侵害性疼痛に対しての短期投与にはとても向いている薬剤でしょう。

内服回数がロキソニンに比べて少なくて済みます。
朝食や昼食をとらない生活をされている方など、1日3回の内服が難しい場合には便利です。
しかし長く効いてくれる分、即効性はややロキソニンやボルタレンなどの他の非ステロイド性消炎鎮痛剤には劣ります。

よって即座に効果が欲しいような病態にはやや不向きかもしれません。
そのためメカニズムから考えれば生理痛への鎮痛効果も期待できますが、対象疾患の欄には生理痛の文字はありません。
優れた鎮痛効果を示す一方で、神経が傷つくことでびりびりとした痛みを生じるような、神経障害性疼痛にはそこまでの効果は少ないです。
しかし手術などの大きな傷で神経も一緒に傷ついた可能性のある場合は、神経障害性疼痛薬であるリリカなどと併用することで術後痛の遷延が減るという報告があります。
全く効かないのではなく、相乗効果も含めてですが、ある程度は効果を期待できるようです。

セレコックスの服用方法とは?

薬を持っている手

セレコックスの服用方法は疾患や症状の程度によって変わります。
胃壁を守るために空腹時を避けるのは、従来のロキソニンと同じです。
少なくとも何か口にしてから内服します。

特に食べ合わせや飲料の飲み合わせで問題となるものはありません。
対象とする疾患が関節リウマチであれば、使用タイミングは100~200mgを1日2回として朝・夕食後とする場合が多いです。
変形性関節症や肩関節周囲炎、頸肩腕症候群や腱鞘炎には、通常100mg1錠ずつを朝および夕食後に服用します。
手術後抜歯後などの特に痛みが強い病状の場合は、初回のみ1回400mgとして2回目以降は200mgに減らします。

いずれも服用間隔は6時間以上あけなければなりません。
これは副作用が少なくなったとは言え、胃壁を傷めてしまう可能性が残っているからです。
また作用時間が長いことも理由です。

特に時間を決めず、痛い時に頓用する場合は初回のみ400mgとし、必要に応じて2回目以降は200mgを6時間以上あけて服用します。
ただしその場合は、1日の使用回数は2回までです。

痛みが酷くて用法に対応できない時は、他の薬剤を検討したり原疾患の治療を考慮します。

もしも飲み忘れてしまった場合は、飲み忘れに気付いた時に可能な限り早く1回分を飲んでください。
ただし次に予定していた内服時間が近い場合は、決して2回分纏めようとはせずに予定時刻に1回分だけとします。

過量内服は不要な副作用を起こす原因となりますので、注意が必要です。
もしも誤って多く服用してしまった場合には、水分を多く取った上で医師に連絡し指示を仰ぎます。
これは腎臓の機能を落としてしまう可能性があるためです。

水分を多く取るのはセレコックスの含有成分のために、腎臓にかかる負担を軽減する目的があります。

また副作用の一つに目の調節障害や、眠気などの精神的な症状が現れるとの報告があります。
車の運転をはじめとして、危険な場所での作業などはこの薬を使用している最中は控えたほうが望ましいでしょう。

酸化マグネシウムなどの制酸薬とセレコックスを合わせて使用してしまうと、セレコックスの作用が減弱すると言われているので避けるべきです。

セレコックスの内服方法や回数はどんな疾患や症状であっても、処方した医師の指示に従わなければなりません。
勝手に内服量を変化させることはとても危険です。