ロキソニンの副作用を
改善したお薬です。
副作用が少ないセレコックス

市販の解熱鎮痛剤の種類と特徴

万が一のために、自宅に市販の市販薬を常備薬としているという方は多いのではないでしょうか。
風邪薬や胃腸薬、目薬や傷薬など家族構成や持病の有無などでそれぞれの家庭によって多種多様です。
中でも常備薬として自宅に市販薬の解熱鎮痛剤を常備している家庭がほとんどではないでしょうか。

解熱鎮痛剤の役割は大きく分けて三つあります。

まず一つ目は、解熱です。
発熱した際に使用し、熱を下げる効果があります。
二つ目は、急性気管支炎の腫れを抑える働きがあります。
最後は、よく利用されている鎮痛の役割です。
頭痛や耳痛、神経痛や腰痛、筋肉痛や歯痛、月経痛など多くに使用されています。
場合によってはがんによる疼痛などにも利用されているのです。

市販でも、多種多様の解熱鎮痛剤が販売されており、現在では、用途に合わせた解熱鎮痛剤も多く販売されています。
解熱鎮痛剤の成分の代表的なものは、アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェンなどが挙げられます。

アスピリンは、サリチル系酸という古来ヤナギの成分が効果があるということに端を発し生まれた解熱鎮痛剤です。
血栓を溶かす作用もあるため、心臓疾患の治療に欠かせない薬で世界中で利用されています。

アセトアミノフェンは、中でも解熱効果が良く利用されています。
解熱目的の小児用座薬は全てこの成分で副作用が少なく子供にも使用できるため風邪薬で多く処方されています。

イブプロフェンは、医療の現場で多く利用されています。
医療用の非ステロイド解熱鎮痛消炎成分から転用されている成分です。
解熱鎮痛剤の中でも鎮痛、解熱、消炎の作用がバランスが良く炎症にも効くのでアセトアミノフェンとは違いイブプロフェンは成人向けと言えます。

最近市販され始めたロキソニンは、効き目が早いということで人気があり、処方薬としても使用されています。
そのほかにも、生薬成分としてケイヒ、シャクヤク、甘草エキスなども挙げられます。
漢方として使用されているものもあり、体質や病気の状態によって使い分けをすることも可能です。

副作用が心配?解熱鎮痛剤の選び方

頭痛や月経痛がひどいけれど、解熱鎮痛剤を使用すると副作用を心配して、薬を飲むことをためらってしまうという方も多いかもしれません。

代表的な解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンは小さなお子さんでも服用しやすいようにシロップなどにもされています。
錠剤の他にもお子さんに使用しやすいように、処方薬で坐剤として処方されることがあり、飲みやすいと人気です。

またアセトアミノフェンは、副作用の少ない鎮痛剤として利用されています。
しかしながら、効果についても個人差があり、主な副作用は発疹、嘔吐、食欲不振などがあります。

また、それと違いロキソニンでは強い効果の期待できる解熱鎮痛剤で人気があります。
しかしながら副作用のリスクがあり注意が必要です。

内服薬としては錠剤や粒剤があります。
ロキソニンの特徴は外用薬もありテープ剤、パップ剤、ゲルなどの種類があります。

副作用の代表的なものは、胃腸障害です。
そのため、胃腸が弱い方は服用に注意をしなければなりません。
病院などの医療機関で処方される場合には、胃腸薬が合わせて処方されることがあります。

そのほかの副作用は、吐き気、嘔吐、発疹などです。

市販薬でドラッグストアなどでも薬剤師のいる店舗では販売されています。
心配がある場合は必ず相談をした上で購入するようにしましょう。

解熱鎮痛剤の選び方として大切なのは、用途に合わせて使用することです。
頭痛だけを抑えたい場合は、アセトアミノフェン、ロキソニンなど解熱鎮痛剤のみのシンプルなものを選びましょう。
中には、眠気を誘う催眠鎮静剤が入っているものもありますので、運転をする際などは気をつけなければなりません。
妊娠中や授乳中は特に、解熱鎮痛剤を飲むことに抵抗があるという方もいるでしょう。
市販薬では負担のかかりにくいアセトアミノフェンを選択される方が多いようです。