ロキソニンの副作用を
改善したお薬です。
副作用が少ないセレコックス

痛風はなぜ男性に多いの?

痛風はその名前どおり、風が吹くだけでも激痛を感じるほどの激痛発作に見舞われる病気です。
初発患部は足の親指の付け根の関節で発生することが多いですが、関節であればどこの部位でも痛みが出る可能性があり、痛風発作を繰り返すような患者では膝関節などに症状が現れることも珍しくありません。

痛風の特徴の一つに、圧倒的に男性に多い病気だという点をあげることが出来ます。
ある調査では98.5%が男性患者で女性患者は1.5%に過ぎなかったと言うデータも提示されているほどです。
これほどに男女差が顕著な病気は珍しいとされていますが、なぜなのかは、原因は明らかになっています。
それは痛風の原因となる血液中の尿酸値が男性よりも女性は明らかに低い数値を示すからです。

このような傾向には女性ホルモンが関係していて、女性ホルモンには尿酸の排出を促す働きがあるからで、事実閉経後の女性では尿酸値は若干上昇を見せます。
痛風の目安になる尿酸値の目安は1デシリットルあたり7mgになります。
この数値は高尿酸血症にも関連があり、正常値は6mg/dlとなっているので、7mgでは尿酸値が高い状態で治療が必要と診断されるわけです。

高尿酸血症とは、たんぱく質に含まれる物質が代謝されて生成される尿酸が血液中に過剰になっている状態です。
血液中の過剰な尿酸が関節内部で結晶化、これを異物と認識した免疫細胞が排除しようと攻撃を加える結果、激しい炎症になり激痛発作に遭遇することになるのです。
結晶化した尿酸は関節内部のみならず、腎臓にも溜まります。
尿酸血漿は糸球体にも負担を与えるので痛風による腎機能障害(痛風腎)や尿酸自体が結石を形成し、尿路系結石などの合併症のリスクを高めます。
これを治療するには、尿酸降下薬を使う必要があります。
その中でもよく使われるのがザイロリックです。
ザイロリックに含まれる有効成分アロプリノールは尿酸の生合成を抑制するので、体内の尿酸を減らすことができます。
このザイロリックは通販で簡単に入手することができ、副作用も少ないとされていますので、尿酸値を下げたい方にはおすすめの薬です。

また痛風を抱えている患者では、メタボリックシンドロームを併発していることも多く、動脈硬化が進行していることもよく経験されるところです。
これは痛風をもたらす生活習慣は、同時にメタボリックシンドロームももたらす特徴を有するからです。

痛風予防のために気をつけたい生活習慣

遺伝的に体内の尿酸が多かったり、尿酸を排出しにくい体質の方が一定数存在するのも事実ですが、多くは生活習慣にその原因を見出すことが出来るのです。
なぜ痛風になるのか、その原因で最も重要なのは食べものの選定にあります。
尿酸はプリン体が代謝されることで生成される廃棄物です。
ここにプリン体とは、肉類や魚介類(特に魚卵や肝)のたんぱく質に多く含まれているものです。
プリン体とは、実は体内でも生成されるので、食事から摂取するのは2割程度です。
しかし過剰なプリン体は尿酸値を上昇させ、尿酸結晶の生成を促すので、高尿酸血症を改善しないかぎり、いくら痛風発作がおさまっても常に発作のリスクにさらされていることになるのです。

従って痛風では食生活では食べもの選択に配慮する姿勢が大切で、適切なカロリーでバランスのとれた食生活を送ることがポイントです。
数年間にわたって発作を繰り返すような方では、間隔も狭くなり、短時間の間に複数の発作を繰り返し多発性関節炎の様相を呈するようになるのです。
暴飲暴食をすると翌日朝には、痛風発作になることもあるので絶対に控えて下さい。

痛風はメタボリックシンドロームと重複することも多く、運動を取り入れる方も多いでしょう。
しかし運動自体が痛風の原因となることには注意して下さい。
特に筋トレのような激しい無酸素運動は筋肉を動かす際に使用されるATPと言う物質を消費しますが、その家庭でプリン体が生成されます。
また筋トレは筋肉を一時的に破壊するわけですが、その際に老廃物の尿酸が排出されるのです。
しかも筋トレなどの激しい運動では大量の水分を消費するので、体内の水分量が減少する反面、尿酸地が一時的に上昇し濃度が高くなります。
同様の事象は激しいランニングなどにも該当するので、痛風を抱えながらの運動は専門家のアドバイスを仰ぐのが賢明です。