ロキソニンの副作用を
改善したお薬です。
副作用が少ないセレコックス

胃の痛みに効く!ネキシウムの特徴

ネキシウムには、胃酸の分泌を抑制する作用があり、胃酸を抑制することにより胃の中のpHを上昇させ、抗菌薬としての作用も期待できます。
胃痛を伴う逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの対処の為に用いられます。

胃痛の対処としてネキシウムが処方される場合もありますが、即効性を期待して鎮痛剤を併用することには注意が必要です。
鎮痛剤の併用について禁止はされていませんが、鎮痛剤に含まれることが多い物質には、消化器の潰瘍の原因となるものがあります。
胃の不調のためにネキシウムを服用しているのに、新たな不調の原因を作ることは望ましくありません。
また、ハーブティーや健康食品に利用されるセイヨウオトギリソウにはネキシウムの効果を弱める作用があるため、特に注意が必要です。

ネキシウムには頻度はそれほど高くはありませんが、副作用が発症する可能性があります。
服用量の増加や、長期的な服用になると副作用の発症率も上がりますので、医師や薬剤師の指示に従わなければなりません。
主な副作用には下痢や肝機能異常、アレルギー反応などがありますが、発症率は比較的低く、治療が終了し服用を止めれば収まります。

ネキシウムは症状によって、服用期間と服用量が異なりますので、医療機関を受診し、医師の指示に従うことが必要です。
1回の服用で丸1日効果が持続するので、飲み忘れしにくい時間を定めて、毎日同じ時間に飲むようにします。
飲み忘れてしまった場合は、気が付いた時になるべく早く飲むようにし、服用の間隔は8時間以上は空ける必要があります。
患部を直接修復する作用がある薬ではないので、服用すると同時に胃に優しい食べ物を心掛けたり、規則正しい生活を送ることが回復を早め、再発を防止します。
ネキシウムを処方されるような症状の場合には、胃に優しい食べ物を指導される他に、漢方薬を処方される場合もあります。
ネキシウムと漢方薬を併用することによって、早期回復の効果が期待できます。

ネキシウムの入手方法

ネキシウムの日本での取り扱いは処方箋医薬品とされています。
その為、購入するには医師による処方箋が必須となり、処方を希望する場合には医療機関での受診が必要です。
医療機関での受診が難しい場合には、同じように胃酸を抑制する効果が期待できるH2ブロッカーという薬を服用するという方法もあります。
この薬はドラッグストアでも市販されています。
ネキシウムなどのプロトンポンプ阻害薬ほどの効能は期待できませんが、病院へ行けない時などにはとりあえずこれらの薬で凌ぐという選択肢もあります。

多忙でどうしても病院へ行けない場合には、日本以外のネキシウムであれば処方箋が必要なく、通販での購入が可能となっています。
個人輸入を代行しているサイトなどを利用すれば、2週間ほどで入手することができます。
個人輸入の場合、薬の価格は日本のものではなく、現地の価格に従うことになります。
そのため、輸入元の国の物価や為替の変動によって価格が変わってきて、時と場合によっては大きな差が生じることもあるので、その都度しっかりと見極めて購入することが大切です。
通販を利用することによって、通院に必要な時間を省くことができ、プライベートな時間を確保することができますが、長期間服用しても効果がない場合には、原因が胃酸以外の可能性もあるので、適切な医療機関の受診が望ましいです。

また、ネキシウムにはジェネリック医薬品も存在します。
ジェネリック医薬品は開発から一定期間が経過し、特許が失われた医薬品なので開発に必要なコストが抑えられ、安価で購入することができます。
しかし、現在の日本では購入経路が安定していないため、普及にはもうしばらく時間が必要になります。