ロキソニンの副作用を
改善したお薬です。
副作用が少ないセレコックス

腰痛を引き起こす様々な原因

腰痛は腰で起こる痛みのことです。
腰痛の理由はさまざまですが、痛みの原因として人間の身体の構造によって引き起こされています。
人間は二足歩行をしており身体を支えるために丈夫な骨がありますが、このうち胴体の部分に関しては、ひねる動作をする必要があるため背骨は脊椎と呼ばれるブロック状の骨を積み上げる形で作られています。
これによりひねったり曲げたりすることができるわけですが、この脊椎には絶えず重力が掛かっている状態で、骨同士が直接こすり合わないようにするために椎間板と呼ばれる軟骨があります。
一方で脊椎には脳から伸びる重要な神経が走っており、この神経が何らかの理由で圧迫されると痛みを感じます。
さらに圧迫の度合いが強くなると痺れを来すようになり最悪の場合には下半身が動かなくなるリスクもあります。
何もしないで腰痛からそこまで発展することはありませんが、仕組みとしてはこの神経の痛みが腰痛の痛みになります。

この症状そのものは脊椎全体で起こりやすいものですが、脊椎の上部は胸椎は肋骨などがあり、腰椎より下に位置する仙骨は骨盤など大きな骨があって、この骨が筋肉で支えられているのに対して腰の部分には大きな骨がなく、その結果、腰椎部分は他の脊椎の中でも負担を強く感じる場所であるため腰痛と言われる独特の症状が現れます。

一方で腰痛は明らかに神経を圧迫していることがわかる椎間板ヘルニアや神経が通っている脊柱管が狭くなる脊柱菅狭窄症、圧迫骨折、細菌背感染や癌、臓器や血管などの病気が原因がはっきりとしているものもありますが、8割以上はレントゲンなどの検査をしても原因が特定できない病気です。
これらの原因として考えられるのは生活習慣やストレス、不安、不眠などが影響していると考えられています。

腰痛治療では神経が明らかに圧迫されていればそれを取り除く手術をしますが、重要な神経が走っている場所なので多くは痛み止めなどを使って痛みを抑えてストレッチなどリハビリを行って症状の改善を試みる温存療法が行われます。

おすすめ!腰痛改善に効果的なストレッチの方法

腰痛は明らかに神経が圧迫されている場合を除いて、ストレッチなど腰を動かし筋肉を付けることによって改善させることができます。
そもそも腰痛になる原因としては重たいものを持つなど腰に大きな負担を掛けることで起こるものと同じ姿勢で長時間に亘って作業することで起こります。
特に現代人に多いのは後者で、この場合にはストレッチをすることで腰を伸ばし効果的に腰へのストレスを解消させることができます。

効果的なストレッチとしては寝転がって行う方法で、腰をねじる、肘を立て膝を曲げて背骨を外側に反らす、仰向けになり膝を抱えることで背骨を内側に反らす、タオルを使って片足を上げることです。
立ったままの状態では腰に負担が掛かったままですが寝た状態で行うことで腰への過度な負担を減らしてストレッチできます。
ただ硬い床でするのは痛いですしあまりおすすめできませんからマットレスの上でするのが良い方法です。
また仰向けになるさいには枕があることで首にかかる負担を軽減することができます。

一方で腰痛になる理由は同じ姿勢で寝続けることであり、これは就寝中も該当します。
起きた際に腰が痛いといった場合には腰に負担が掛かっている証拠で、すぐに回復しても将来の腰痛の原因になる可能性があります。
この場合には起きたらストレッチをするなどの工夫をすることで改善することができますが、寝具を工夫することでも就寝中の腰への負担を軽減できます。
例えば枕やマットレスは比較的固いものが良いとされます。
また枕も頭の高さに合わせて選ぶことがポイントで、これらの工夫をすることで自然に寝返りがしやすくなります。
寝返りをすることで腰にかかる負担が分散されるので腰痛になるリスクを下げることができます。