ロキソニンの副作用を
改善したお薬です。
副作用が少ないセレコックス

解熱鎮痛剤ボルタレンの有効成分と効果

解熱鎮痛剤ボルタレンの有効成分はジクロフェナクナトリウムで、NSAIDsという略称も持つ非ステロイド性消炎鎮痛剤というグループに属しています。
ボルタレンをはじめとする非ステロイド性消炎鎮痛剤は炎症や痛みを引き起こす原因となるプロスタグランジンという物質を合成する酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害することで消炎鎮痛効果をもたらします。
ボルタレンは非ステロイド性消炎鎮痛剤系統の解熱鎮痛剤の中でも特に高い効果を持っていることから、歯を抜いた後や外科手術後の麻酔が切れた時に訪れる激痛緩和のために処方されるほどです。

痛み止めの中では最強とも言えるボルタレンですが、有効成分ジクロフェナクナトリウムはその強力な作用ゆえに劇薬指定となっており、飲み薬や座薬は市販薬としては販売されていません。
貼り薬や塗り薬は市販品がありますが、飲むタイプのボルタレンが欲しい場合には病院で処方を受ける必要があります。
その際も医師がボルタレンが必要なほどの痛みと判断して、痛みが治まるまでの期間を予測してその日数分しか出しません。
強い効果と裏腹の胃痛などの副作用が出やすいボルタレンは、長期服用によって胃かいようなど重篤な副作用も心配されることから、耐えられる程度の痛みの場合は安易に服用してはいけない薬と言えます。

ボルタレンの服用で何故胃の痛みや食欲不振といった副作用が出やすいのかという理由はジクロフェナクナトリウムが痛みの原因プロスタグランジン合成をブロックする作用そのものにあり、プロスタグランジンは炎症や痛みを起こすだけでなく胃粘膜保護にも役立っていることから、その合成を抑えてしまうことは胃粘膜保護力の低下につながります。
ボルタレンが処方される際に胃粘膜保護タイプの胃腸薬が一緒に出されるのはそのためで、食後にかかわらず痛みのある時に飲む頓服薬であっても可能な限り胃に食物がある状態で飲むほうが副作用を避けることに役立ちます。

小児にボルタレンはNG!何歳から服用できるの?

解熱鎮痛剤としては最も高い効果効能を持つと言っても過言ではないボルタレンですが、強力な作用を持つだけに服用に際しては注意すべき点が多い薬でもあります。
服用可能な年齢の確認に関しては特に注意を払う必要があり、何歳から飲める薬かというのをきちんと把握しておくことが大事です。
ボルタレンは原則的に0歳~14歳までの子どもは服用・使用が禁止されており、大人が病院で処方されたボルタレンを子どもが発熱したからといって安易に服用させるのは絶対に避けなくてはなりません。
座薬タイプのボルタレンは量を減らせば1歳からでも使用できるとされますが、この場合も慎重に利用する必要があります。

消炎鎮痛のほか解熱効果にも優れているボルタレンは処方を受けた大人本人が、痛み止めとして使うほか風邪などの頭痛を伴う発熱時に使用しても特に問題はないとされますが、子どもの急な発熱に利用するのは座薬も含め厳禁で、特にインフルエンザの発熱だった場合、インフルエンザ脳症やライ症候群という深刻な症状を引き起こすことにもなりかねません。
インフルエンザへのボルタレンの使用では大人もインフルエンザ脳症に陥る恐れもあるとされ、流行シーズンに風邪かインフルエンザか判然としない発熱時の服用は避けたほうが無難です。

ボルタレンが何歳から服用できるかは0歳~14歳までの子どもに禁じられている点で15歳以上は飲めることになりますが、大人でも65歳以上の高齢者は服用の際に慎重な判断が必要とされています。
高齢者の服用に何故慎重になるべきかは、持病が多くなり常用している薬にボルタレンとの飲み合わせが良くないタイプの薬が少なくない点が挙げられます。
胃腸薬は別として高血圧症の人が服用しがちな利尿薬や降圧薬や抗凝血薬、免疫抑制薬や抗うつ薬にもボルタレンと相性の良くない薬が少なくありません。
年齢制限にかかわらず、気をつけて服用すべき解熱鎮痛剤です。