ロキソニンの副作用を
改善したお薬です。
副作用が少ないセレコックス

辛い生理痛には鎮痛剤よりピルの服用がおすすめ

生理用品とサニタリーショーツ

生理の際には個人差がありますが、さまざまな身体の不調が現れます。
その中でも辛いのが生理痛です。
生理痛が起こる理由としては生理のメカニズムを知る必要があります。

そもそも生理はいらなくなった子宮内膜が剥がれて新しい子宮内膜が作られることです。
この際に剥がれた子宮粘膜は体外に排出され出血も伴います。
この剥がれさせるときに子宮には子宮を収縮させる物質が分泌されるわけですが、この物質であるプロスタグランジンが生理痛を発生して痛みを感じさせるものです。
この痛みの程度は個人差があり人によっては、それほど辛く感じないこともありますが、身体が慣れていない間は強い下腹部の痛みや腰痛などを感じやすくなります。

さらに生理が始まると経血が子宮内で溜まり、これを排出するためには子宮頸管を通る必要がありますが、出産を経験していない場合には子宮頸管がかたいためスムーズに行かず、それが痛みの原因になるものです。
生理の症状は痛みだけでなく遠く離れた頭で起こる頭痛やイライラ、吐き気、下痢、だるさなどの全身症状を伴いますし、これらは子宮での経血の影響のほかにもホルモンバランスが乱れることによる影響もあります。

いずれにしてもよく知られる不快症状としては痛みで、このため生理に伴う痛みを緩和させるために鎮痛剤を使用するのが一般的です。
ただ鎮痛剤といっても多数の種類があります。
主な商品としてはエルペインコーワ(イブプロフェン)、ロキソニンS(ロキソプロフェン)、バファリンA(アスピリン)などが代表的です。
また低年齢用に小中学生用にはノーシンピュア(アセトアミノフェン)という鎮痛剤があります。
これらは頭痛よりも子宮周辺への鎮痛効果が高いため辛い生理痛を緩和させることができるものです。

しかし鎮痛剤は痛みの信号を伝わらないようにするだけで対症療法にしか過ぎません。
年齢が若い頃は生理に慣れていないので生理痛が強く出る傾向にありますが、成人してもなお重い生理痛が出るような場合にはピルを使用することで痛みの原因を大幅に緩和させることができます。

副作用はない?ピルについて詳しく知りたい

ピルは錠剤という意味ですが同時に経口避妊薬を意味しています。
ピルにはアフターピルと低用量ピルがありますが、いずれも内容としては女性ホルモン剤であり女性ホルモンを補充することによりホルモンバランスを安定させることができるものです。
また意図的に女性ホルモンを補充することで妊娠した状態にすることで妊娠しにくい状態にして避妊することができます。

ピルの種類としてはアフターピルは女性ホルモンの量が多くて服用することで強く効果が出るものです。
副作用のリスクが高いため現在では緊急避妊薬のほか辛い生理痛を治療するための薬としても使われています。
一方で低用量ピルは女性ホルモンの量を最小限にすることで副作用を抑えたものですが、毎日服用する必要がある薬です。

女性ホルモンが安定することによって生理日が安定するため、それに伴い出血量も減らすことができます。
生理痛が重い理由としては子宮での出血量の多さが起因しているためピルを服用して生理そのものを安定させると生理痛も緩和させることができるものです。
また生理は安定的な周期で訪れるとは限らず、ストレスなどによって変化しますが、低用量ピルを使うことで安定的に生理が訪れるようになるため不安感が解消され、生理痛に対する恐怖心も改善することができます。

ピルそのものは安全性の高い薬ですが副作用も起こりうるものです。
特にタバコとの相性は悪くヘビースモーカーの場合にはクリニックでは処方されないこともあります。
また女性ホルモンを身体に意図的に取り入れるため最初のうちは慣れないこともあり、頭痛や吐き気などを感じることがありますが飲み続けると身体が慣れてくるのでそれらの副作用も出なくなります。